読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいiPadを買う「理由」ってなに? 「iPhone SE」などの発表が期待

新しいiPadを買う「理由」ってなに? 「iPhone SE」などの発表が期待される3月21日(現地時間)のアップルのイヴェント。同時に「iPad」の新機軸もリリースされると噂されている。 シャネルiphone6 ケース もし噂が事実なら(そして噂は、たいていの場合事実になるが)、アップルは新しい9.7インチのiPadを発表しようとしている。またiPadだって? あの、毎年出される、そして売り上げがまるで泥沼にはまった馬のように沈みこんでいるやつ? おおかたその通りだが、今回は少し違う。 シャネルiphone6 ケース 新しいiPadは「もっと小さなiPad Pro」あるいは「iPad Air 3」と呼ばれることになるのだろう。伝えられるところによると、デザインの大部分は12.9インチのiPad Proを踏襲しており、4つのスピーカーが搭載され、同じくらいハイパフォーマンスで、同じくらい気の利いたマグネット式アクセサリーコネクターやキーボードケースがつくのだろう。 シリコンiPhoneケースカメラ用フラッシュも搭載され、Apple Pencilを搭載するとすら言われている。ここまでは、ほとんどiPad Proと同じだ。 ルイヴィトン6カバーしかし、2つの点で異なっている。そこまで巨大ではなく、そこまで高価でもないだろうということである。 エルメス6Plusケース ■アップルが目指す2つのゴール アップルは、この新しいiPadで2つの目標を達成しなくてはならない。その2つはいずれも、同じくらい重要であり困難なことである。 アイフォン6シャネル新しいタブレットは「タブレットが生産性に寄与するデヴァイスであることを世界に認めさせなくてはならない」。そして、それは「既存のiPadユーザーが買い替えようとするものでなくてはならない」のだ。 iphone6ケース ここ数年、実際にアップルがしてきたことといえば、もともと薄いデヴァイスをさらに薄くすることと、新しいカラー展開を追加することだった。これでは、さほどアップグレードとはいえない。 Ray-Banレイバン サングラス Localyticsによる分析では、2015年11月においてすら、最も利用されているデヴァイスは11年3月にローンチされた「iPad 2」だったという。iPad 2がとても優れたタブレットであればこそ、ユーザーは果たしてアップグレードするものだろうか? (リリースされるであろう)スタイラスやキーボードを備えた新しいiPadは、彼らが愛するタブレットの真の改良版だと感じられるかもしれない。 Ray-Banレイバン サングラス アップル伝統のやり口では、彼らはまずハイエンドモデルに新しい機能を導入し、そしてそれを下位モデルにトリクルダウンさせる。2015年9月、アップルはiPad Proでしか使えないiOSの新機能をいくつか発表した。 シャネルiphone6 ケース調査会社IDCタブレット調査ディレクターであるジャン・フィリップ・ブシャールによると、その傾向は新しいデヴァイスでも続きそうだ。 ブシャール氏は、目下のところ「人々がアップグレードする理由がありません」と言う。 シャネルiphone6 ケース「なぜならハードウェアの革新はなく、古いタブレットにも常に最新のOSをインストールできるからです」 だからこそ、今回は、新しいハードウェアが発表されるのに加え、最新・最高のデヴァイスでしか利用できない新たなキラーソフトウェアが登場する可能性がある。「古いiPadでも最新のiOSを動かせるというのはいいことではありません」とブシャール氏は指摘する。 グッチiPhone7ケース「それはユーザーにとってはいいことです。が、[アップルにとっては]よくないのです」。 iPhone6 4.7インチ カバーつまり、計画された陳腐化が戻ってくるということだ。そして、それがiPadに襲いかかろうとしている。 ルイ・ヴィトンiphone6ケースアップルは現地3月21日に新製品発表イベントをカリフォルニア州クパチーノの本社で開催した。常に注目を集めるアップルの新製品発表だが、その内容は事前の予想通りで、iPad ProとiPhoneの小型版が発表された。 アイフォン6シャネル 【詳細画像または表】  注目の小型版iPhone(iPhone 5Sの復刻版とも言える)は16ギガバイトメモリモデルが399ドルの設定。アルミニウムを多用し指紋認証も備えたiPhone 5Sの正常進化版として注目を集めている。 iPhone6 シャネルス  ただ後述するが、日本では割高な価格設定だ。高価格であっても、それ以上の付加価値があるならば、高いという印象は受けないだろうが、売れ行きにそれなりの影響を与える可能性がある。 ルイヴィトンiphone6ケース ■ 外観はiPhone 5Sとほぼ同じ  小型iPhoneはの正式名称は「iPhone SE」。外観はiPhone 5Sとほぼ同じだが、iPhone 6S世代で導入された最新プロセッサA9を搭載し、新色のローズゴールドモデルを用意する。 超人気iphoneケースプロセッサパフォーマンスは5Sの2倍、グラフィクスは3倍という。カメラなどの付加機能も最新のものにアップグレードされており、iPhone 6Sのスペックをコンパクトな4インチディスプレイのiPhone 5Sと同じ筐体に詰め込んだ製品と言えば間違いはないだろう。 サンローランiPhone6ケース  いわば、最新技術を盛り込んだiPhone 5Sということになるが、基本的な性能の向上に加え、指紋認証の速度向上など最新のiPhoneトレンドを取り込むことで”廉価版ではない”iPhoneのバリエーション機種を用意するというのが、本来の意図だろう。  iPhone SEは質感やデザインも、かつての最上位モデルとほぼ同じ。 ルイヴィトンiPhone6sケースただし、普及機種という位置づけも捨てていないため価格は安価になっている。  先進国におけるiPhone 5S以前の機種のユーザー(アップルによると4インチクラスのiPhoneを使い続けているユーザーは3000万人もいるという)はもちろん、中国を含む新興国でより幅広い消費者に訴求することを意図したのだと考えられる。 サンローランiPhone6ケース  米ドルでの価格は16ギガバイト版が399ドルで、たしかに現行のシリーズに比べ、格段に安い。カメラやLTEの対応周波数などを含め、性能が同等であることを考えれば、かなり良心的な価格設定といえる。 ルイヴィトンiPhone6ケース ■ 1ドル132円換算で値付け  現在の為替レートに照らし合わせれば、日本では4万5000~4万6000円ぐらいが適当だろうか。  しかし、実際には1ドル約132円換算となり、米国版の399ドルに対して5万2800円という価格が付けられた。 6Plusケースルイヴィトン  この換算値はiPhone SE特有のものであり、小型版のiPad Proに関しては米ドルに対する換算価格について従来機種との統一(1ドルあたり112円前後)が採用されている。この価格設定は、手持ちのデバイスをコンパクトにまとめたい利用者の心を掴む可能性が見込めるとともに、”高価”という印象も与えるかもしれない。 ルイヴィトンIPHONE6ケース  ただiPhone SEは3キャリアから売られるため、それぞれ競合に勝つために、工夫をした料金パッケージを用意することになるだろう。